Androidフォンがヘッドフォンモードで動かなくなった? –今すぐ修正しましょう!

一部の個人は、 Androidフォンがヘッドフォンモードのままになる 解決策を探してください。 同じ問題に直面しているためにこの記事を読んでいる場合は、修正方法を説明します。 実際、この問題に対処し、この問題を回避するための複数の修正について説明します。


Androidフォンがヘッドフォンモードで動かなくなる原因は何ですか?

実際には、 "Androidフォンがヘッドフォンモードのままになる」の問題は、単純なグリッチが原因で発生します。 デバイスのOSは、ヘッドフォンが接続されていないときに接続されていると見なします。 まあ、良いニュースは、この問題は主にソフトウェアの不具合が原因で発生する可能性があることです。 つまり、この問題の修正を見つけることは、思っているほど難しくはありません。 ただし、ごくまれに、ハードウェア障害が原因で同じ問題が発生することもあります。

PS:ここがトップです Androidフォンの修理 ツールと修正する最良の方法 Androidが起動画面で止まる あなたの参考のために。


Androidフォンがヘッドフォンモードでスタックした場合の修正方法は?

前述のように、「Androidがヘッドホンモードでスタックしている」問題は、主にソフトウェア関連の問題が原因で発生する可能性があります。 それでは、ソフトウェア関連の問題があると想定して修正を見てみましょう。 試すことができる最も基本的で単純な修正のXNUMXつは、それぞれのAndroidデバイスを再起動することです。 通常の再起動が機能しない場合は、リカバリモードでも再起動してみてください。 ほとんどのユーザーにとって、デバイスを再起動すると、高度なソリューションを試さなくても問題を解決できます。 実際、通常の再起動では、Androidデバイスに関連するさまざまな問題を修正できます。

リカバリモードでのAndroidデバイスの再起動は、多少の手間はかかりますが、手動で行うことができます。 ただし、より簡単な方法として、次の特別なツールを使用できます。 Android向けReiBoot。 この特別なツールの支援により、デバイスをリカバリモードで簡単に起動できるようになります。 その結果、デバイスは現在ヘッドホンが接続されていないことを認識します。

ReiBootを介してリカバリモードでデバイスを再起動する際のガイダンスが必要な場合は、以下の手順に従ってください。

ReiBoot for Androidを入手する

  • 最初のステップとして、ReiBoot for Androidをコンピューターにダウンロードしてインストールする必要があります。 次に、プログラムを起動し、デバイスを同じコンピューターに接続します。
Androidがヘッドフォンモードで動かなくなった場合の修正
  • AndroidデバイスでUSBデバッグモードを有効にして、それを認識できるようにする必要があります。 デバッグモードを有効にする方法は、使用しているOSによって異なる場合があります。
Androidがヘッドフォンモードで動かなくなった場合の修正
  • プログラムがAndroidデバイスを検出したら、「ワンクリックで回復モードに入るに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
Androidがヘッドフォンモードで動かなくなった場合の修正
  • これにより、デバイスが回復モードになります。簡単ではありませんか?

Androidデバイスをリカバリモードで起動した後、次のステップに進むことができます。 この場合、以下のオプションに従って、問題を解決できるかどうかを確認できます。

01.今すぐシステムを再起動

ボリュームを上げます」または「ダウン量」ボタンに移動して「ここでシステムを再起動」オプション。 次に、「Androidフォンがヘッドホンモードで動かなくなる」問題を解消できます。

02.データの消去/ファクトリーリセット

最初のオプションがうまくいかなかった場合は、これを試すことができます。 ファクトリリセットを実行すると、通常の再起動では解決できないさまざまなエラーを解決できます。

  • この場合は、音量ボタンをもう一度使用して、「データ削除/工場出荷時設定への初期化に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
  • 次に、「はい-すべてのユーザーデータを消去します」をクリックしてから「電源ボタンに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
データ削除/工場出荷時設定への初期化

ちなみに、修正方法についてもっと学びましょう Windows7は歓迎されたまま 問題と実行方法 Samsung A10 FRPバイパス 簡単に。


ヘッドフォンモードでスタックしたAndroidを修正する一般的な方法

前述したように、この問題は主にAndroidのソフトウェア関連の不具合が原因で発生する可能性があります。 ただし、同じ問題を引き起こすハードウェアの問題の可能性を無視することはできません。 したがって、ハードウェアの問題が発生している場合は、下記の修正に依存できます。 各方法の下にリストされている以下の手順に従ってください。

その上、クリックして、のような問題を修正する方法を理解してください iPhoneがヘッドフォンモードで動かなくなる または Androidのコマンドなし エラー、および iPhone12がリカバリモードでスタック 簡単に。

01.バッテリーを取り外し、再度挿入します

この問題を解決するために試みることができる最も基本的な修正のXNUMXつは、バッテリーの取り外しと再挿入です。 Androidデバイスのバッテリーを取り外すと、システム全体が停止します。 バッテリーを再挿入すると、システムは通常モードに戻ります。 ただし、この方法にはXNUMXつの大きな欠点があります。 取り外し不可能なバッテリーを搭載したAndroidデバイスでこの方法を実行できるとは限りません。

したがって、この方法は、取り外し可能なバッテリーが付属しているモデルにのみ適していることは言うまでもありません。 その場合は、この方法を試して、問題が解決するかどうかを確認してください。 結局のところ、この方法を試すことはあなたに何の費用もかからず、多くの努力を必要としません。 背面カバーを取り外し、バッテリーを取り外し、数分後に再び取り付けるだけです。

バッテリーを取り外し、再度挿入します

02.ヘッドフォンジャックに汚れがあるかどうかを確認します

ヘッドフォンジャックの汚れが原因で、Androidフォンがヘッドフォンモードでスタックする場合があります。 そのような状況を取り除くには、ヘッドフォンジャックをクリーニングするだけでよく、これは非常に簡単な作業です。 かなり長い間使用すると、ヘッドフォンのジャックに溜まった汚れを見つけることができます。 それはほこり、繊維、汚れ、または他のものである可能性があります。 ジャックに汚れがある場合、確実に接続できるとは限りません。 その結果、デバイスはヘッドフォンを誤って認識します。 ヘッドフォンジャックを掃除するには、清潔な綿棒を使用してください。 破片が消えるように、ジャッキを軽く拭いてください。 その後、デバイスを再起動して、問題が引き続き発生するかどうかを確認します。

ちなみに、どうやって 複数のBluetoothスピーカーを接続する 簡単に単一のデバイスに。

03.掃除機を使う

ゴミやほこりを取り除く別の方法は、掃除機を使用することです。 あなたはより少ない手間のためにコードレス掃除機を使うことができます。 必ず掃除機を使用して、ほこりを掃除してください。 このプロセス中は、デバイスの電源をオフにしておくことをお勧めします。 クリーニングが完了したら、デバイスの電源を入れて、問題がなくなったことを確認できます。 多くの人にとって、この方法は役に立ちました、そしてあなたは何も心配することなくそれを試すことができます。 使用するのは強力な風の流れだけなので、デバイスの回路との接触は発生しません。

04.サービスセンターに連絡して、ヘッドフォンモードでスタックしているAndroidフォンを修正してください

上記の解決策のいずれもうまくいかない場合は、別の方法を見つける必要があります。 その場合は、Androidデバイスでかなり深刻な問題が発生している可能性があります。 おそらく、ハードウェアの重大な問題であるか、または把握できない損傷である可能性があります。 その場合、障害のあるデバイスをサービスセンターに持って行く必要があります。 ランダムな技術者に走るのではなく、必ず認可されたサービスセンターに行ってください。 また、ハードウェアの修理は自分で絶対に行わないでください。 スマートフォンを修復するには、ハードウェア、経験、および特別なツールセットに関する非常に優れた知識が必要です。 さもなければ、あなたは結局、善よりも多くの害を引き起こすことになるでしょう。

上記の方法のいずれかで、「Androidフォンがヘッドホンモードで動かなくなる」問題を解決できるはずです。 私たちの推奨は使用することです Android向けReiBoot そして、サービスセンターに運ぶ前に問題を修正してください。

ReiBoot for Androidをお試しください

ボトムライン

それに加えて、修正する前に既存のデータのバックアップを作成することを強くお勧めします。 デバイスに問題がない場合でも、定期的にバックアップを作成することは賢明なアプローチです。 デバイスに問題が発生した場合は、デバイスを出荷時設定にリセットしてもデータを保持できます。 ただし、万が一データを紛失した場合は、次のようなツールを使用できます。 Tenoreshare UltdataAndroidデータリカバリ。 モデルに関係なく、Androidデバイス上のあらゆる種類の失われたデータを回復できます。

そうは言っても、それらの方法を使用して修正できますAndroidフォンがヘッドフォンモードのままになる。」 デバイスを修理した後は、今後同様の事故を防ぐために、ほこりの多い場所からデバイスを遠ざける必要があります。 また、金属製のピンやスティックをデバイスのヘッドフォンポートに挿入しようとしないでください。 これは、デバイスに重大な物理的損傷を引き起こす可能性があり、コストがかかる可能性があります。 したがって、最後の手段は、愚かなことを何も試みずに、認定されたサービスセンターにデバイスを持ち込むことです。 この問題を解決するためのより効率的な方法をご存知の場合は、お知らせください。 また、下のコメントセクションにフィードバックを残してください。